【S14 264位 最終レート2001】 闇に飲まれよ!(訳:お疲れ様です!) 絶対守護 カバラキドヒドレイスポス

f:id:ShiranuiEru:20210201113957j:image

 

 目次

  • はじめに
  • 過去成績
  • 構築経緯
  • パーティ紹介
  • 苦手なポケモン
  • 長所を活かす
  • 考え方やここまで頑張れた理由
  • 終結果画像

 

[はじめに]

はじめましてこんにちは 不知火えると言います。S14お疲れ様でした (*^▽^*)ノ

この度ずっと前から目標にしていたレート2000を達成しましたので、構築記事を書きたいと思います。(冒頭のあれはなんか厨二っぽいことが言いたかったんですが、闇の炎に抱かれて消えろ‼︎ だと消えろという語感がちょっと強すぎるかな⁇⁇という懸念から少し配慮したものです)

 

[過去成績]

S1 9298位 レート1794

S2 8689位 レート1754

S3 3818位 レート1806

ーーーーーーーーーーーー

S4 18679位 レート1648

S5 24625位 レート1603

S6 50875位 レート1538

S7 75665位 レート1477

→モチベ停滞期 マスターに乗せたら終わりにしてました

ーーーーーーーーーーーー

S8 2413位  レート1830

S9 6402位  レート1710

S10 7616位  レート1693

ーーーーーーーーーーーーー

S11 サブロムで1474位 レート1795

S12 2059位  レート1836

S13 997位  レート1903

S14 267位  レート2001

 

S4からS9あたりまでは相棒のゴチルゼル入りの構築でゴチルガエンを使ってました。しかしながら、ミミッキュドラパやパッチラゴン、悪ラオスなどの圧力により断念()

 

S11以前は高い方々に比べると、正直あまり成績は振るわなかったです。なので強い人の考え方を理解出来るよう配信者の方々の枠を見学したり、記事を読んだりしながら力を磨いて来ました。

 

[構築経緯]

対面をS11まで サイクルをS12で

受けをS13で使いましたが、1番いい成績が出たのが受けだったので、個人的に合うという理由から受け構築を使用しました。

 

S13とS14の2シーズンは似たような構築を使い続けました。構築慣れしてない時の手に馴染んでないような感覚が嫌で、対応力のあるパーティ×個人的に得意な選出読み というのを武器に戦いました


受け構築がS13で1位を取ったため、S14序盤は受け構築へのメタが相当強かったです。しかしながら、それを耐え忍んでパーティに慣れれば、環境が変わってメタられた受け構築が逆に減り、メタっていた側が今度は対策される側になり…数の少なくなった受け構築メタをする必要も薄くなるのではないか?そういったギャンブルをS14開始当初からしておりました


結論から言いますと言うほど受けメタが弱くなってはいません。皆さんやはり、受けも視野に入れて対策されてます。ただ、受けのみを想定したがっつりメタを張るようなパーティは減りました(一撃必殺を使用したパーティなど 命中不安で何回も戦う必要があるランクマにおいては、試行回数を重ねる上で安定はしませんが、当たれば突破出来る為瞬間的には効果的かもしれないです)


そこに僅かながらに付け入る隙がありました

 

[パーティ紹介]

⚫︎ラッキー HBDS調整しんかの輝石

f:id:ShiranuiEru:20210201042229j:image

愛称は仕事人

 

地球投げ でんじは ステルスロック タマゴうみ

 

特殊受け技。地球投げのダメージ自体は地味ですが、瞑想したカプレヒレを確実に削ったり相手がダイマしたなら50の2倍で体力を100削ってくれるというまさに仕事人。

 

TOD(タイム オーバー デス 時間切れによる勝ち)を狙えるように色個体を使用しています。色レイドやGTSなんかもあるので、過去作より入手難易度は下がった印象。ツイッターで検索してみると色個体を交換してくれる方がいたりするので探してみるのも手。

 

⚫︎ドヒドイデH252 B236 S20くろいヘドロ

f:id:ShiranuiEru:20210201054311j:image

愛称は刻々帝(ザフキエル)。元ネタは時間を操る天使。

ねっとう トーチカ じこさいせい くろいきり

 

SはS4振りドヒドイデ抜きブリザポス抜き調整。とてもえらい特性 再生力の持ち主。個人的にはナーフされる前のギルガルド並に厄介な特性だと思っています。新作では再生力の回復量が2/3とかになっても文句は言えないな、と個人的に

 

●レイスポスCS252 いのちのたま

f:id:ShiranuiEru:20210201054740j:image

愛称は黒馬ちゃん。元ネタは那須きのこ先生のDDDより憎悪ちゃんのリスペクト。(海外産ポケモンはNNが変更出来ないのであくまでも愛称。)

 

シャドーボール はかいこうせん あくのはどう 挑発

 

ミミッキュやドラパルトに弱いけど他に強い枠として採用。挑発はステロを撒かれないようにする為に採用。自身のROMではS0ブリザポスを手に入れたので、GTSフレフワンと交換して手に入れました。通信進化だからか謎に人気なフレフワン

 

改造かはもちろん調べまして、Aがすごくいい! とくこう、素早さもさいこうではなかった個体なので正規と判断しました。銀の王冠ですごいとっくんをして頑張ってもらいました。

f:id:ShiranuiEru:20210201045757j:image

A0厳選の有用性(混乱の自傷ダメージやイカサマのダメージ軽減)は知ってましたが、ダメかも…よりすごくいい! という語感が好きで使ってました( ´ ▽ ` )←理由

 

ダメなんかじゃない。だってあなたはすごくいいんだから!すごい特訓をした馬はついにレート2000まで来ました。お疲れ様。キャンプでカレー いっぱい食べてね🍛

 

⚫︎カバルドンHB252 @オボン

f:id:ShiranuiEru:20210201054816j:image

愛称はアラバスタ

元ネタはONE PIECEのアラバスタ編より。

 

じしん

あくび

ステルスロック

ふきとばし

 

ヒレの増加で通りは微妙でしたが、電気受けとしての性能の高さから最後まで続投。ラス1のポケモンに対してあくびをする動きが強かったです

 

⚫︎テッカグヤ CS252 パワフルハーブ

f:id:ShiranuiEru:20210201055141j:image

愛称はかぐや様。元ネタはかぐや様は告らせたいより。

 

メテオビーム エアスラッシュ

やどりぎのたね みがわり


オシャボとの交換で譲って頂いた色個体。とても綺麗。エースバーンやサンダーに弱いこのポケモンですが、それ故か個体数が少なく、対策が薄いのかテッカグヤが刺さっている構築が珍しくなかったです


個人的に命中90以下の技を疑問視していて、ぼうふうやはりきりでんげきくちばしは試合総数が増えれば外しも増えて安定しないと考え、このポケモンを使っていました。自覚があるのかほぼほぼメテオビームを当ててくれました

 

前のシリーズのルールで使っていたアーマーガア のクラレントの想いを引き継いだ同タイプ枠。

 

⚫︎水ウーラオス AS252 スカーフ

f:id:ShiranuiEru:20210201055021j:image

愛称は鱗滝。判断が遅い!

 

すいりゅうれんだ インファイト れいとうパンチ とんぼがえり


型判別がしづらいポケモン。故に入れ得だと思っています。バシャなどを意識して水ラオスにするか、ポリゴン2などを重く見てハチマキ悪ラオスを使うかを環境に合わせて変えていました。

 

[苦手なポケモン

特性で化けの皮を剥がす手段がない、レイスポスに強いのでミミッキュが苦手。ドラパルトはレヒレの影響か個体が少なかったので環境が追い風でした

 

環境にドラパルトの個体が増えるなら水ラオスを悪ラオスに入れ替えた方がいいでしょうね

 

[長所を活かす]

私自身の実力が足りないのは知ってるからそこをどう補うか?を常に考えました


デスノート理論ですね 長所はあるけど、短所もあるニアとメロ。推理力、行動力どちらも優れているLには勝てない。でも2人ならLを越えられる!


Lをレート2000に置き換えて、私がレート2000を越える為に必要なのは何か?私に何が出来るか?を自問自答しました


私にできること

❶文字をひたすら書ける

当初はポケモンと関係ないと思ってましたが、記録をつける上で私の強みだったと思います。


今シーズンは、全試合の大まかな記録をつけて、良かった点、悪かった点の振り返りを行いました。途中つけるのが大変だと思う事もありましたが、どうしようもなかった試合と、頑張ったら勝てた試合と、良かった試合などなど。そういったものが何も記録がない状態よりわかりやすく、選択が分からない、どうしたらいいんだろう?と迷う事が減りました。動きが洗練される、練度が上がる感覚


❷選出読み

個人的に私が得意だと思ってる分野です

私が使ってるパーティに来やすいポケモンが感覚的に分かる


選出読みができるけど、パーティ構築や、選択で勝てない試合が過去に多々ありました


以上❶❷を踏まえて、受け構築なら選出読みができるなら相手のアタッカーに上手く受けを合わせて、受けれないと判断したらアタッカーを選出するようにしてました


絶対に選出読みを当てれる!という方でなくとも、なんとなく分かるかも!くらいのことも突き詰めると強みになると思っているので、皆さんも是非自身の長所を探してみてください

 

❸足りないものを自覚し、補う

ストップウォッチダメージ計算ツールは常に用意していました。TODをするならストップウォッチでTODが狙えそうか確認し、ダメージ計算感覚が足りなかったところはリアルタイムで計算をしていました。(事前にダメージを書いてまとめてあるアレにちょっと憧れてるのでいつかツール無しでこれは耐久に振ってますね!って言えるようにしたいです)

 

[考え方やここまで頑張れた理由] 

戦って、負けた方も勝ちたかっただろうし、3桁同士当たって、相手が3桁の欄から名前が消えた時に、罪悪感を感じたりして、友人からは潜るのに不向きな性格してる、なんて言われたりしました。相手と一生懸命になって戦って、勝ったなら、それは相手が勝ちたかった分を託されたんだ! と今はそう考えるようにしています。

 

こんなことを他の方は悩まないかも知れないし、私がちょっとメンタル弱いのかなって思うときもありました。ただこの気持ちを忘れたら、相手に対する礼を損なう気がして、この想いはこれからも引きずっていこうかな、と

 

これまで私は、強い方々に憧れてきました。ただ、憧れているだけでは、肩を並べることや、実際に倒すということは出来なくて。試合の前からどうせ勝てないんだと心のどこかでは思っていてーーーーーー挑む前から気持ちの上で負けていました

 

だから前シーズンは1903で潜るのをやめたりしてました。憧れてるだけでなく、勝つ意思を、勝つ為の具体的なヴィジョンを描いて、はじめて強い方達とやりあえる 勝ちの目が生まれる

私は、そう考えています

 

葉桜杯という定期開催の仲間大会に参加させて頂き、私のレートでは普段当たらないような強い方と対戦する機会があり、その人に頑張って勝てたりしたからそれはランクマに潜る上でとても自信になりました。

 

過去作のソフトを紛失して、一時期ポケモンから離れていた私が、またポケモンを頑張ってみたいな 面白そうだなって思えたのが、最強実況者全力決定戦を見たからで


より具体的にレート1900.2000という高みを目指すきっかけになったのはクラクラさんやアースさんで


ラクラさんはご自身の事を大したやつではないですよ、とかつて言っていましたけど


そんなことない! Flow Scramble Stage(フロウスクランブルステージ)

  • PV

https://dic.nicovideo.jp/t/a/flow%20scramble%20stage

 

 

 

その初戦でのシンボラーの覚える技の把握具合や 天然の仕様の理解 動画全体の雰囲気とかがいいなって(音楽やイラスト、試合展開もですが、ダイマックスの時にワクワクしたのを覚えています) 

試合を見て、あんな試合がしてみたいなって思えたから

 

そこには意味があったよ!

 

私、こんな風に頑張る力になったんだよって伝えたかったから

 

その想いでここまで来れました

 

いつか私も対戦動画を1本くらい作ってみたいと思いつつ、機械オンチなのでまずは操作に慣れるところから頑張っていきたいと思います()(ノエルってTNで12月にデビューしたら雰囲気あって素敵だなって思ってました!予定より忙しかったです!)

 

色々知っている方に当たったり、今回知れた方もいたり、楽しいシーズンでした。当たりたい方もまだまだいるので、いつか当たって、あそこはああすべきでしたか とかちょっと感想戦が出来たらいいなと思いつつこの辺で筆を置かせていただきます。

 

改めて皆さまお疲れ様でした✧︎◝︎(*´꒳`*)◜︎✧︎˖

 

 

スペシャルサンクス〜

普段からお世話になっております皆様、愚痴を聞いたり、不安になった時に相談させて頂いてる友人の方々 ありがとうございました。今後もどうかよろしくお願いします(。・ω・。)

 

[最終結果画像]

f:id:ShiranuiEru:20210201113358p:image

f:id:ShiranuiEru:20210201113404j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談

https://twitter.com/aufseher_f/status/1356037587664691204?s=21

 

ダイウォールしない場合 裏次第で負け

ダイウォールした場合 成功したら勝ち 失敗したら負け

 

どちらも不確かでした。いつか運でなくきちんと勝てるようにしたいです。がんばります

٩( 'ω' )و